レディー

関節痛に効果があるグルコサミン|サントリーなら成分の配合量が多い

大豆ダイエットの秘密成分

茶色のメディシン

サポニンは脂肪排出を促進できるため、ダイエットに打ってつけでしょう。胃腸で糖と脂肪の結合を防ぎ、脂肪が体に蓄積することを阻止できます。またコレステロール値を下げることもできますね。サポニンは、血中の悪玉コレステロールを取り除くこともできます。血管の壁にこびり付いたコレステロールをなくせれば、動脈硬化の予防や血行改善が可能です。血液中の養分が効率よく細胞へ配られるので、無駄なエネルギーを脂肪に変えてしまう心配もなくなります。また血行が良くなれば、むくみや貧血の改善にも効果的です。サポニンが栄養バランスの崩れによる症状を緩和してくれますから、体内環境の劇的な変化にも対応できるのです。ダイエットは体内環境が変化する大きな要因ですから、サポニンを取り入れたいところですね。

サポニンを摂取するのであれば、大豆食品がおススメです。ごぼうやじゃがいもにもサポニンが含まれますが、これらは毒性が強い傾向にあります。毒性の強いサポニンはサポトキシンとも呼ばれます。じゃがいもの芽を食べてはいけないとされるのは、サポニンの毒性があまりに強いため。典型的なサポトキシンなのです。サポトキシンが血液中に取り込まれると、赤血球を破壊する副作用を起こします。貧血やじんましんの原因になるわけです。その点、大豆食品のサポニンは毒性が緩やかなので、食べ過ぎても問題ありません。必要量もそれほど多くなく、豆乳ならばコップ2杯で十分です。大豆は糖分が少なく、良質なタンパク質を含むため、ダイエットに打ってつけな食材でもあります。サポニンの脂肪除去効果が合わされば、効率よくダイエットを薦められるのです。